inov8 / ROCKLITE 286GTX
5879e6f200d33162e600f263 5879e6f200d33162e600f263 5879e6f200d33162e600f263 5879e6f200d33162e600f263 5879e6f200d33162e600f263 5879e6f200d33162e600f263 5879e6f200d33162e600f263

inov8 / ROCKLITE 286GTX

¥18,360 税込

送料についてはこちら

  • 24.5cm

    残り1点

  • 25cm

  • 25.5cm

    残り1点

  • 26cm

    残り1点

  • 26.5cm

    残り1点

  • 27cm

    残り1点

  • 27.5cm

    残り1点

ミッドカットで防水機能(GORE-TEX)内装のトレイルランニングシューズです。 ソール全体の厚みは少なく、ドロップは6㎜。 厚底のシューズと比べれば、クッション性は劣りますが、 ラグが約6㎜と高く、乾いたトレイルから濡れた岩場、ぬかるんだ草地まで、トレイルのコンディションを選ばず履けるグリップ力が魅力です。 また、このシューズ全体のデザインやカラーの評価も高く、アウトドアスポーツをしない方も、日常のファッションアイテムの1つとして、選ばれている靴でもあります。 防水性のある素材で出来ているため、 雨の日のトレイル、チェーンスパイクを付けてのスノーハイキングの際に活躍するだけでなく、冬の寒い日には防寒にもなり、足先の寒さから解放されます。 雨の日に街で履いていてもかっこいい靴だと思います。 ラグは深めですが、ソールに使用しているゴムが固めなので、 不安定な感じは無く、足の裏で地面をしっかり感じることができるシューズと言えると思います。 足首丈まであることによって、フィット感や不安定なトレイルでの安定感がよく、足首をよく捻って痛めてしまう方にもおすすめできるシューズです。 足入れの感覚は全体的にシャープな印象なので、試履きをされたことがない方は、実寸より1㎝上のサイズをおすすめします。 ※男女兼用シューズとなります。 ※現在在庫にないサイズをご希望される方はお問合せください。mail→michigamassugu@gmail.com/055-237-1773(SUNDAY内) 重量:286g カラー:ブラック ドロップ:6㎜ ===スタッフ松井の感想=== 購入から約1年、このROCLITEは大活躍。 低山のハイキングから、テント泊、高山の縦走など様々なシーンで活躍しました。 商品説明にある通り、剛性が高く足首までしっかり保護してくれるので、安定感は抜群。 とくに2016年、2017年と足首の靭帯を切ってしまった私にとって、トレイルシューズのような軽さは欲しいけれど、足首が不安定で怖いという状況だったので、トレイルランニングシューズのように軽く足さばきが楽なのに、安定性があるこのシューズは抜群でした。 ソールはクッション性はほぼ無く、地面をダイレクトに感じるシューズの為、クッション性が高いシューズをご希望の方にとっては、固い、反発が強いと感じると思いますが、クッション性の高いシューズだと、ソールが分厚くなり、その為トレイルコンディションを感じにくく、かえってそれが怖さや不安定さを感じることもあります。好みもあるかとは思いますが、狭いトレイルや、岩場といった、着地面が狭い場所では、ROCLITE286の薄めのソールが地面の凹凸までしっかり感じることができ、確実に足を置く場所を選びとれることによって、安心感を得られると感じました。 防水シューズですが、分厚くて蒸れるということは全くなく、むしろこれで防水?と思うほどの軽さ、薄さがある靴なので、蒸れが気になる方も安心して着用できます。 反対に、雪など寒い状況での着用の場合は、防水・防風のシューズですが、ソール、アッパー共に薄い為、冷えを感じてしまいます。 着用シーンによって状況は異なりますが、若干指先がシャープで狭さを感じる靴であり、メイン使用が秋冬とお考えの方は、防水ソックスや厚手の靴下を着用することお勧めします。 私の足は甲高ワイズ広めの実寸24.8cm。 ROCLITE286は防水ソックスを着用しての使用を考えていた為、26cmを履いています。 参考までに、ALTRA TIMPはウィメンズUS9(26cm) ALTRA LONEPEAK3.0はウィメンズ8.5(25.5cm) salomon SENSE PRO2はメンズ25.5㎝ Montrail Caldorado 2はメンズ25.5cmを履いています。 inov8シューズの場合は、普段履いているシューズより、0.5~1cmUPを履いています。